大阪市平野区にある保育園です。創立44年目を迎えました。痛みや喜びを分かちあえる「こころ」を育む保育をめざしています。

ほけんだより平成25年11月

11月7日は、立冬。秋から冬へと、季節が移り変わる時期になりました。 朝晩、冷え込む日も多くなり、寒さに慣れていないからだには、冷たい風が身にしみますね。 ただ、活発に動き回る子どもたちは、あまり厚着をしていると、汗をかいて、かえってかぜをひいてしまうようです。子どもが脱ぎ着しやすく、調節しやすい服装をお願いします。
PDFはこちらから→hoken1311.pdf
 こんなときどうする?子どもの訴える症状
熱が高い*こんなときは病院へ ●下痢や激しいおう吐がある●唇や爪が紫になる●呼吸が荒い ●ひきつけが 10 分以上続く ●脱水症状がある
*家庭での手当て 
体温計で正確に測る 厚着や室温が高いだけでもこ どもの体温は上がります。
安静にする 発熱以外の症状がなけ れば、安静に。

せきがひどい *こんなときは病院へ ●発作的に激しくせきこむ ●のどがヒューヒューとなる ●発熱をともなう ●イヌの遠吠えのようなせき ●呼吸の時にゼーゼーと音がする ●顔色が悪く、ぐったりしている ●息使いが速く、苦しそう
*家庭での手当て
部屋を暖かくして 湿度を上げる 目安は 室温・・20~22°C 湿度・・50~70%
水分の補給を うがいも効果的! 
背中をさする さすったり、抱っこしたりしましょう。

 おなかがいたい*こんなときは病院へ●発熱やおう吐をともなう ●下痢が続く ●おなかを押さえ、激しく痛がって泣く ●顔色が悪く、ぐったりしている ●おなかを打った後、ずっと痛がっている 
*家庭での手当て
原因を探るおなかのどこが痛いのか?
原因に合わせた対応を 水分補給やマッサージで 様子をみます。

下痢をしている*こんなときは病院へ ●水様性の便が頻繁に出る ●下痢が 1 週間以上つづいている ●便に血や膿が混じる ●おう吐、発熱をともなう
*家庭での手当て
水分補給を脱水症状を防ぎましょう
おしりを清潔に温かいタオルなど でふきましょう。

コラム 桜の木が・・・元気がない?
お隣の団地の解体が始まると、なんだか桜の木 も元気がありません。団地の方に伸びていた枝を 切られてしまったからなのか・・・?
仲間が減っ たことに気づいたのか・・・? 枝に元気があり ません。毎年、春には満開の桜の花をつけて楽し ませてくれた木。来春はどうかなぁ? 時々、触 って元気を分けてあげようと思います。みなさん もご一緒に!!



戻る
 
お知らせごあいさつ入園案内保育園の特色特別保育紹介動画のご紹介保育園の一日主な年間行事クラスの部屋交通のご案内FAQ思い出アルバムクラス編思い出アルバム行事編グッズ紹介
交通のご案内 社会福祉法人 天宗社会福祉事業会 天宗瓜破東園
〒547-0022 大阪市平野区瓜破東2-2-53
Tel:06-6708-3167 Fax:06-6708-3193 E-mail:tenuri2@io.ocn.ne.jp