大阪市平野区にある保育園です。創立44年目を迎えました。痛みや喜びを分かちあえる「こころ」を育む保育をめざしています。

ほけんだより平成26年10月


10月10日は目の愛護デー!10を横にすると、まゆ毛と目のように見えるので、
10が2つ並ぶ日が「目の愛護デー」になりました。
ゲームで遊ぶ時間を決めて守るなど、休みなく働く目をいたわる生活をしましょう。
 目と目を合わせる、アイ・コンタクトはコミュニケーションの基本と言われます。おうちのかたもお忙しい毎日だと思いますが、お子さんと目を合わせて話す時間をどうぞ大切にしてください。
PDFはこちらから→hoken1410.pdf
注意!やタブレットでの子守 こんな使い方になっていませんか?
★子どもにスマホやタブレット端末を使わせておくと、静かに遊んでいてくれて助かるし、便 利とついつい長時間自由に使わせてしまっている。
★子どもにタブレット端末を使わせながら、自分はスマホを使っている。親子で同じ部屋にい ても別々のことをしていて、気がつくと長い時間、親子で会話をせずにすごしていることがある。
今は幼児期からスマホやタブレット端末、携帯ゲームなどに触れる機会が多くなっています。そして、使用開始の年齢も早くなっているためにより依存しやすくなる危険性があります。まずは、おとなから意識を改革して、乳幼児期からスマホなどに触れる機会をつくらないようにしていくことが必要といえます。

与薬についてのお願い
基本的に園での与薬は行えません。 病院にかかった際には、園に通っていることを伝えたうえで、
処方の回数を1日2回にできないかなど、相談してみてくださ い。
「与薬願い書」の記入について
1 印鑑を必ず押してください。
2 粉薬も水薬瓶も1回分のみ持ってきてください。
3 粉薬は1包ずつ、水薬瓶にも記名して来てください。
4 キリトリ線の下の部分のクラス名・園児名も記入してください。
 ★押印がなければ与薬はできませんので必ず押印をお願
いします。

水痘ワクチンが定期接種に
水痘(水ぼうそう)は、子どもの集団内では広がりやすい病気で、発症したら、すべてのブツブツがかさぶたになるまで登園停止となります。
予防接種法の改正で、2014年10月1日から、水痘(水ぼうそう)ワクチンが定期接種に追加されます。
 ●対象;生後12か月~36か月 ※経過措置として、平成26年度中に限り、生後36か月を過ぎ
 ●接種回数:3か月以上間隔をあけて2回 生後60か月までの子どもについても、定期接種の扱いになります。この場合は、1回接種です。


戻る
 
お知らせごあいさつ入園案内保育園の特色特別保育紹介動画のご紹介保育園の一日主な年間行事クラスの部屋交通のご案内FAQ思い出アルバムクラス編思い出アルバム行事編グッズ紹介
交通のご案内 社会福祉法人 天宗社会福祉事業会 天宗瓜破東園
〒547-0022 大阪市平野区瓜破東2-2-53
Tel:06-6708-3167 Fax:06-6708-3193 E-mail:tenuri2@io.ocn.ne.jp