大阪市平野区にある保育園です。創立44年目を迎えました。痛みや喜びを分かちあえる「こころ」を育む保育をめざしています。

ほけんだより平成26年7月

熱中症が起こりやすいのは、急に暑くなった・日ざしが強い・風が弱い・湿度が高い日。
 梅雨が明けると、一気に真夏がやってきます。一つでも条件が当てはまる日には、体調の変化に注意しましょう。
咽頭結膜熱(プール熱)
●症状
・38~39度ほどの発熱。
・のどの痛み。
・結膜炎。
●予防
・手洗いをする。
・他の人とタオルを共有しない。

ヘルパンギーナ
●症状
・38~40度の発熱。
・のどの痛み。
・食欲不振や全身のだるさ、頭痛。
●予防
・手洗いをしっかりする。
・洗濯物は日光で乾かす。

伝染性軟属腫(水いぼ)
●症状
・水っぽい光沢のあるいぼ。
●予防
・肌を保湿し、コンディションを整える。
・感染者の近くにいる場合は、入浴やタオルは別にし、肌の接触を避ける。
※プール遊びはラッシュガードの

手足口病
●症状
・口や手足に水ぶくれ状の発疹。
・高熱や吐き気、頭痛が見られるときは、医療機関に相談する。
●予防
・手洗いをする。
・ほかの人とタオルを共有しない。
・回復後2~4週間は、ウイルスが残っているので、便などの処理には注


・風しん抗体検査のご案内
・風しんワクチンの接種費用助成のお知らせ  
 風しんの免疫を持たない女性が妊娠中に風しんにかかると、生まれてくる赤ちゃんに、難聴・心疾患・白内障などの症状(先天性風しん症候群)が現れる可能性がありますので、対象の方には、抗体検査・ワクチン接種をお勧めします。一度、掲示内容をみてください。
戻る
 
お知らせごあいさつ入園案内保育園の特色特別保育紹介動画のご紹介保育園の一日主な年間行事クラスの部屋交通のご案内FAQ思い出アルバムクラス編思い出アルバム行事編グッズ紹介
交通のご案内 社会福祉法人 天宗社会福祉事業会 天宗瓜破東園
〒547-0022 大阪市平野区瓜破東2-2-53
Tel:06-6708-3167 Fax:06-6708-3193 E-mail:tenuri2@io.ocn.ne.jp