大阪市平野区にある保育園です。創立44年目を迎えました。痛みや喜びを分かちあえる「こころ」を育む保育をめざしています。

ほけんだより平成27年7月

梅雨が明けると、急に夏らしくなってきますね。 暑さに体が慣れていないうちは、
熱中症に要注意です。 暑さに負けないコツは、無理をしないこと。
小さな子どもたちは体温調節がまだ上手にできません。暑い日は節電をちょっとお休みして
クーラーをつけ、夜あまり眠れなかった時にはお昼寝で調節しましょう。

☆健康診断でお知らせをもらったかた
☆耳鼻科検診をお休みされたかた
上記の方で現在病院にかかっていない方は早めに病院を受診してください。
耳鼻科検診の結果で耳垢塞栓と診断のついたお子様がちらほらいましたが、
プールやお風呂の水でふやけてしまうと、耳あかが耳の穴をふさいでしまうことがあります。
完全に耳の穴がふさがれてしまうと、聞こえづらくなったり、耳が詰まったような感じが
しますが、これは耳あかを取りのぞけばなくなります。

スクリーンショット 2015-07-10 13.37.15.png
PDFはこちらから→hoken150709.pdf

夏の感染症に注意しましょう!

ヘルパンギーナ
☆症状 のどの痛みと高熱がおもな症状です。のどの上あごなどに小さな水泡ができます。
☆注意点 のどの痛みや熱があるうちは家庭で静かにに過ごしましょう。
体調が改善するまで、登園できません。

咽頭結膜熱(プール熱)
☆症状 高熱、強いのどの痛みとともに目が充血し元気がなくなりぐったりとしています。
☆注意点 感染力が強いので、おもな症状(発熱、目の充血、のどの痛みなど)がなくなってから2日を経過するまで、登園できません。

手足口病
☆症状 手のひらや足の裏、ひざやおしり、口の中の舌やのどの周囲などに
小さな水泡ができます。
☆注意点 熱もなく元気で食欲もあれば、登園しても差し支えありません。
ただし、まれに髄膜炎を起こす場合もあるので注意が必要です。

流行性角結膜炎(はやり目)
☆症状 目の充血や朝起きた時に目やにがべったりついている、
まぶたがはれているなどがおもな症状。
☆注意点 感染力が強いので家族間の感染に注意します。感染したら早めに受診しましょう。
また、感染した場合は登園できません。

とびひ(伝染性膿痂疹)
☆症状 皮ふに水ぶくれができて、その水ぶくれが破れて、その滲出液がほかの
皮ふにつくと広がります。
☆注意点  虫刺されなどをかきこわしたところに菌が入って起こります。
登園の際は、衣類またはガーゼで覆ってください。
ヘルパンギーナ・咽頭結膜熱・流行性角結膜炎は、登園の際は必ず医師に
「登園に関する意見書」を記入してもらってください。



戻る
 
お知らせごあいさつ入園案内保育園の特色特別保育紹介動画のご紹介保育園の一日主な年間行事クラスの部屋交通のご案内FAQ思い出アルバムクラス編思い出アルバム行事編グッズ紹介
交通のご案内 社会福祉法人 天宗社会福祉事業会 天宗瓜破東園
〒547-0022 大阪市平野区瓜破東2-2-53
Tel:06-6708-3167 Fax:06-6708-3193 E-mail:tenuri2@io.ocn.ne.jp