大阪市平野区にある保育園です。創立44年目を迎えました。痛みや喜びを分かちあえる「こころ」を育む保育をめざしています。

ほけんだより平成24年7月 

7 月になり、気温がぐんぐん高くなってきましたね。7 日は小暑、22 日は大暑。

文字を見るだけで暑そうです。今年も「節電の夏」になりますが、子どもは、体温調節の働きが未熟で、大人より暑さの影響をうけやすいので、注意が必要。体調の変化にきをつけて、無理なく元気にすごしましょう。



気をつけよう! 熱中症
夏の強い日ざしや、高温多湿の気候は、子どもの体に大きな負担が罹ります。
なかでも心配なのが熱中症(熱射病・日射病)。

周囲の大人が正しい知識を身につけて、暑い夏も安全に楽しく過ごせるようにしていきましょう。

 

 

汗の働きと体温
わたしたち人間は、体温をある一定範囲内に調節しながら生きています。

暑い環境下でわたしたちが汗をかくのは、体温が上がりすぎないようにするためで、

汗をかくことで体温を調節しているのです。
それではもし、汗をかけなくなってしまった場合にはどうなってしまうのでしょうか・・?
わたしたちの体内には、熱がどんどんこもってしまいます。熱がこもって体温が上がりすぎると熱中症を起こし、最悪の場合には命にかかわります。

 


こまめな水分補給で熱中症予防!!
わたしたちは、のどが渇いたからと飲み物を飲みますが、熱中症予防のためには、のどが渇く前に
少しずつ水分を補給することが大切です。のどが渇いた時にはすでに脱水が始まっているといわれています。

外に出かける時などは、水筒などを持参していつでも水分補給ができるようにしておくとよいでしょう。

 

プールが始まります。準備はOK?
耳鼻科検診で診断されたお友だちは、治療は済みましたか?「耳垢栓塞」と診断されて、

そのままにしていませんか?

 これは、実は耳垢がたまりすぎていて中まで診れなかった。という状況です。
耳垢ぐらい・・と安易にしないで、プールまでにきちんと耳垢の処置をしてもらってからプールに入りましょう。

 

コラム・今年の天宗野菜
今年は事情があり、農園はプランターのみの栽培になってしまいました。出だしが遅かったので、

苗も残り物の苗を購入したせいか、やせていて育ちがあまりよくありません。

それでも子供達は毎日、見に来ては声をかけていってくれます。
ピーマン・オクラ・なす・ひょうたんの成長をこれから楽しみたいと思います。

 

戻る
 
お知らせごあいさつ入園案内保育園の特色特別保育紹介動画のご紹介保育園の一日主な年間行事クラスの部屋交通のご案内FAQ思い出アルバムクラス編思い出アルバム行事編グッズ紹介
交通のご案内 社会福祉法人 天宗社会福祉事業会 天宗瓜破東園
〒547-0022 大阪市平野区瓜破東2-2-53
Tel:06-6708-3167 Fax:06-6708-3193 E-mail:tenuri2@io.ocn.ne.jp