大阪市平野区にある保育園です。創立44年目を迎えました。痛みや喜びを分かちあえる「こころ」を育む保育をめざしています。

平成29年5月の献立表

スクリーンショット 2017-05-18 17.39.44.png             

平成29年度5月献立表 1.pdf

スクリーンショット 2017-05-18 17.58.54.png

◆柏餅◆ 柏餅には読んで字のごとく、柏の葉が使われています。柏の木には、
「新芽が育つまで、古い葉が落ちない」という特徴があり ます。
この柏の葉を、人間の一族と重ねあわせて考えられるようになったのです。
 新芽を子ども、古い葉を親と見立て、「子供 が育つ前に、親が亡くならないように」
「家系が途切れることなく続いていくように」という願いが込められています。

◆ちまき◆ 平安時代に中国から行事とともに伝わってきたといわれているちまき。
もち米を笹で巻いて、笹の葉ごと茹でるか蒸して加熱 してから葉を剥いて食べる物です。
ちまきの中でも「中国のちまき」はもち米の中にタケノコや肉などの具が
入っていますが、 「日本のちまき」は基本もち米だけの物になります。
中国では古くからが「厄払い」や「邪気払い」の力があるとされていた ようです。
そのため、こどもの日にちまきを食べると「無病息災」の意味があり、
こどもの成長の無事を祈る意味があります。

◆菖蒲湯◆ 菖蒲の花はちょうど端午の節句の時期に咲きます。
菖蒲は香りが強く、中国では昔から邪気を払う薬草として使わ れていました。
春から夏への季節の変わり目で体調を崩しやすいこの時期。
昔から端午の節句には菖蒲湯に入って 無病息災を願ったそうです。
菖蒲湯の効能には血行促進、神経痛緩和、冷え性緩和などのほか、菖蒲の香りによる
 リラックス効果もあり、ゆっくり浸かることで疲れた体を癒してくれます。





1

親子丼

2

白身魚の磯辺天ぷら

3

憲法記念日

4

みどりの日

5

こどもの日

6

マカロニグラタン

7

お休み

8

豚肉の味噌炒め

9

そぼろ丼

10

肉うどん

11

チキンカツ

12

鮭の照り焼き

13

お弁当の日

14

お休み

15

ふくさ焼き

16

さばの味噌焼き

17

カレーライス

18

鶏肉の塩麹焼き

19

焼肉

20

焼うどん

21

お休み

22

筑前煮

23

ハンバーグ

24

中華丼

25

白身魚の野菜あんかけ

26

肉じゃが

27

お弁当の日

28

お休み

29

鮭のマヨネーズ焼き

30

チキンチャップ

31

ミートドリア

戻る
 
お知らせごあいさつ入園案内保育園の特色特別保育紹介動画のご紹介保育園の一日主な年間行事クラスの部屋交通のご案内FAQ思い出アルバムクラス編思い出アルバム行事編グッズ紹介
交通のご案内 社会福祉法人 天宗社会福祉事業会 天宗瓜破東園
〒547-0022 大阪市平野区瓜破東2-2-53
Tel:06-6708-3167 Fax:06-6708-3193 E-mail:tenuri2@io.ocn.ne.jp