大阪市平野区にある保育園です。創立44年目を迎えました。痛みや喜びを分かちあえる「こころ」を育む保育をめざしています。

平成29年8月の献立表

夏バテの原因て何?
 夏バテの原因は、 屋外と室内の気 温差・高温多湿環境下での発汗異 常・睡眠不足 
などによる自律神経の 乱れです。
  自律神経とは、自分の意思とは関 係なく無意識のうちに働いている神 経のこと。
内臓や血液の流れなどを 管理して、呼吸、消化、代謝などの はたらきを自動的に
調節しています。  
自律神経が乱れると、全身の倦怠 感、イライラ、頭痛、めまい、動悸 や息切れ、
抑うつ傾向などの症状が 現れ、生活に支障をきたすように なってしまいます。
    

夏バテを元気に夏を乗り切ろう!!

◆バランスの取れた食事◆  
アイスクリームやジュースなど冷たくて甘いものを摂りすぎる、サラダやそうめんなどあっさりしているものばかり食べる、逆に スタミナをつけようとお肉や炭水化物ばかり食べる、など、夏の食生活は乱れがちです。糖分を摂りすぎると疲労回復に必要なビタ ミンB1が不足してしましますし、偏った栄養バランスでは体調を崩してしまいます。ビタミンB1を多く含む豚肉、玄米、豆類などを 意識して取りつつ、バランスの良い食事を心がけましょう。また、夜更かしをして生活リズムが乱れないよう注意し、朝ごはんは登 園前にしっかり食べてきてください。
◆こまめな水分補給◆  
のどが渇いたと感じた時にはすでに脱水が始まっています。体温調節機能が未熟な子どもたちは特に注意が必要です。市販のス ポーツドリンクはミネラルがバランスよく含まれていて水分補給に効果的ですが、子どもには糖分が多すぎます。水やお茶と交互に 飲んだり、水で薄めるなどして上手く活用してください。
◆室内を適温に保つ◆ 
 屋外が暑いからといって室内を冷房で冷やし過ぎると、体温を一定に保つ働きをしている自律神経が急激な温度変化に対応しきれ ずに疲れてしまいます。冷房の設定温度は26~28°Cに設定しましょう。また、日の当たる窓にすだれをかけたり、夕方になったら打 ち水をするなど昔ながらの工夫も大変効果的です。

PDFはこちらから→kondate1708.pdf

1

焼きそば

2

チキンピカタ

3

さばの照り焼き

4

牛肉のしぐれ煮

5

夏祭り

6

お休み

7

中華風すいとん

8

夏野菜カレー

9

豚肉と野菜のトマト煮

10

白身魚の磯辺天ぷら

11

山の日

12

夏休み

13

お休み

14

夏休み

15

夏休み

16

鮭の塩麹焼き

17

チキンチャップ

18

豚丼

19

ビビンバ丼

20

お休み

21

寄せ鍋風煮

22

カレードリア

23

豚しゃぶサラダ

24

さばの生姜焼き

25

酢鶏

26

お弁当の日

27

お休み

28

白身魚の味噌マヨ焼き

29

すき焼き風煮

30

鶏肉のパン粉焼き

31

親子丼

戻る
 
お知らせごあいさつ入園案内保育園の特色特別保育紹介動画のご紹介保育園の一日主な年間行事クラスの部屋交通のご案内FAQ思い出アルバムクラス編思い出アルバム行事編グッズ紹介
交通のご案内 社会福祉法人 天宗社会福祉事業会 天宗瓜破東園
〒547-0022 大阪市平野区瓜破東2-2-53
Tel:06-6708-3167 Fax:06-6708-3193 E-mail:tenuri2@io.ocn.ne.jp