大阪市平野区にある保育園です。創立44年目を迎えました。痛みや喜びを分かちあえる「こころ」を育む保育をめざしています。

M先生のおすすめ絵本

おどります.jpg    
 

  
おどります
(高畠純・作)
(絵本館・定価 1260円)


〈あらすじ〉
この絵本は、ただただ動物たちがおどります。

〈かんそう〉
すました顔の動物たちが「メケメケ~フラフラ~」と踊り出すと表情が変わっていきます。そんな動物たちにも注目です!! 読みながら踊ってしまう楽しい絵本です!

 


おつきさま.jpg  

お月さまってどんなあじ?
(絵と文・マイケル・クレイニエツ)
(いずみちほこ・訳)
(セーラー出版・定価 1575円)
〈あらすじ〉
「お月さまってどんな味なんだろう」動物たちはそんな素朴な疑問を抱いていました。ある日、小さなカメが高い山に登ってお月さまをかじってみようと決心します。山のてっぺんに着いたカメは、ここではまだ届かないことに気づき・・・

〈かんそう〉
疑問から始まる物語。届きそうで届かないお月さま。近づく度に逃げてしまいます。読みながら「もう届くのかな?」とわくわくします。独特な絵の質感も魅力的です。

A先生のおすすめ絵本

  gatyagatya.jpg    
 

 がちゃがちゃ どんどん 
(作 元永定正)
(福音館書店・定価 743円+税)               


〈あらすじ〉
耳から聞こえる音を絵にした絵本です。「がちゃがちゃ」はこんな絵、「どんどん」はこんな絵。「かーん かーん」「ちん ちん」「りん りん」・・・なるほどーと、わかるような・・・。頭をまっさらにして楽しみましょう。

〈かんそう〉
音を絵にしていて、リズムのある絵本です。一つ一つの音を表現するのが少し難しいですが、一度読むと
何度も読みたくなると思います。読むうちに面白さも増し、反応も変わってくるかもしれませんね。



 


soratobupan.jpg  

そらとぶパン
(作・絵・深見春夫)
(PHPにこにこえほん・定価 1120円税別)


〈あらすじ〉
子どもたちは、トンネルの中から出てきたパンの列車に大喜び。みんなパンに乗り込んで、出発進行!
愉快で楽しい冒険が始まります。

〈かんそう〉
子どもが好きなパンがたくさん出てくる絵本です。パンに乗り冒険が始まるのですが、次に何のパンが出てくるかお子さんと一緒に当ててみると楽しめるかもしれませんね。ぜひ一度読んでみてください。

N先生のおすすめ絵本

きんぎょのひるね.jpg    
 

 きんぎょのひるね 
(作★絵 奥野涼子)
(フレーベル館・定価 700円)               


〈あらすじ〉
池の中で、金魚が昼寝をしていると雨が降ってきました。たくさん降ったころ、池にかえるやあひる、いぬがやってきて、わいわいがやがや大騒ぎ...誰かが、きっと「あそぼう!」と声をかけてくれると思って寝たふりをしていた金魚ですが、誰もおこしてくれないので、とうとう金魚は怒ってしまい...


〈かんそう〉
ページをめくるたびに、雲と池が大きくなったり、小さくなったり変化する仕掛けになっていて、見ていると楽しい絵本ですが、金魚に怒られて、しょんぼり帰っていくみんなと、その様子を見ている雲にも注目してください。そして、最後のページの金魚の言葉もしんみり‥・子どもたちに金魚の気持ちが伝わってくれたらいいなと思います。



 


999hikino.jpg  

999ひきのきょうだい
(作・木村研  絵・村上康成)
(ひさかたちゃいるど・定価 930円)


〈あらすじ〉
かえるのお母さんが田んぼに999個のたまごをうみました。そして、998個はおたまじゃくしになったのですが、一つだけたまごのまま‥・それは一番先に生まれたお兄ちゃんたまごでした。いつまでも眠っているお兄ちゃんにお母さんの一喝!びっくりしたおにいちゃんは‥・?

〈かんそう〉
弟たちは、かえるになったのにお兄ちゃんはまだ、おたまじゃくしのまま‥・けれど、さすがお兄ちゃん!体だけはすっごく大きくて、貫禄は十分!そこが面白くて子どもたちも大笑いです。「ぐ-す-ぴ-」や「それひけやれひけオーエスオーエス」のところは子どもと一緒に声を出して繰り返し読むと楽しいですよ。

戻る
 
お知らせごあいさつ入園案内保育園の特色特別保育紹介動画のご紹介保育園の一日主な年間行事クラスの部屋交通のご案内FAQ思い出アルバムクラス編思い出アルバム行事編グッズ紹介
交通のご案内 社会福祉法人 天宗社会福祉事業会 天宗瓜破東園
〒547-0022 大阪市平野区瓜破東2-2-53
Tel:06-6708-3167 Fax:06-6708-3193 E-mail:tenuri2@io.ocn.ne.jp